独学・自宅浪人・E判定から合格を目指す塾【BEYOND】代表 菅原智のブログ

  • カレンダー
    2017年度の模試日程(河合塾・駿台・代ゼミ・東進)

お知らせ

最後に合格を勝ち取る受験生とは

桜

こんにちは!菅原です。
ブログを見にきてくれて、ありがとうございます^^

今日は、昨年の受験生の話をします。

受験直前の大晦日、ある1通のメールが届きました。

私は今年1年、決意の年でした。
夏に、第一志望をそれまで行くと決めていた公立大学から、思い切って国立大に変えました。
来年は「自分の努力を発揮する年」にしたいと思っています!
頑張ります(^o^)!!

このメールをくれたのは、高校3年生のTさん。
大学受験に臨むにあたっての「決意表明」でした。

センター試験の前日、再びTさんからメールが届きます。

センター試験は、自分を信じて周りの人達に感謝して、今までの最高点を取ります!
正直、出来る思いしかしません! 不安もありません!!

僕にメールを送ることで、Tさんはうまく自分を鼓舞していたわけですね。
でも、自信があればうまくいくとは限らないのが、受験の厳しさです‥‥。

今回のセンターで、私は大失敗しました。
第一志望は、担任からも進路科からも不可能といわれました。

大晦日の日にも書いたのですが、夏休みに私は大学の選択に悩みました。
そして、私は難しい方を選びました。
決めたからには頑張ろうと思って、今までしたことないほどの努力をしてきました。

でも、センターでは今までの努力は何だったんだろうという結果‥‥。
まさかE判定だなんて驚きました。

親に、今さらになって
「夏に公立大学の推薦を受けておけば良かったのに」
と言われたときは、怒りと悔しさで涙が止まりませんでした。

楽な道を選んだ方が、勝ちなのではないかとさえ思えてきました。

でもやっぱり、自分のプライドは捨て切れません。
今まで頑張ってきたことが報われないまま、受験を終えたくありません。

一方、挑戦することへの恐怖も大きいのです。

もうどうしたらいいかわかりません。
菅原さん、何かアドバイスをください。

Tさんから初めて届いた弱気なメール。

僕は、このようなメールを返しました。

本当に辛かったですね‥‥。
でも、ここでプライドまで捨てる必要はないですよ。

怒りと悔しさというマイナスの感情を、何とかプラスのエネルギーに変えていきたいですね。

どうか、僕に宣言してくれたこの言葉を忘れないでください。
> 来年は「自分の努力を発揮する年」にしたいと思っています!

最後に、どうしても伝えておきたいことがあります。

> 今まで頑張ってきたことが報われないまま、受験を終えたくありません。

どうか、センターの結果だけをみて「努力が報われない」とは考えないでください。
結果だけではなく、毎日の頑張りによって人として成長できるかが大切なんです。

こんなに辛い状況でも、
> でもやっぱり、自分のプライドは捨て切れません。
といえるTさんは、人として強いですよ。

きっと、この逆境を乗り越えられるはずだと信じてます!

Tさんには、決意表明してくれたときの気持ちを思い出してもらいました。

そして、Tさんは覚悟を決めます。

私は、3日後にセンター利用の推薦を受けます。
第一志望にいける道は、これが最後かもしれません。
頑張ります! 第一志望に合格してみせます!!

Tさんは、周りに無理だと言われながらも第一志望を諦めませんでした。

センター利用の推薦入試で、第一志望校にチャレンジすることになります。



――― そして、推薦入試の合格発表日。

Tさんからメールが届きました。

推薦で合格しました!
第一志望に行けることになりました\(^^)/

今まで、本当にたくさんのアドバイス、ありがとうございました。

「努力を発揮する年」に出来ました!
自分の選択は間違ってなかったと、改めて思うことが出来ました。

これからも、挑戦することを恐れずに自分を信じて頑張ります!

「合格」は、信じる人のところにしか訪れません。

信念を持つこと。
夢や目標を他の人に宣言すること。
そして、最後まで絶対に諦めないこと。

この大切さが、受験生のみなさんに伝われば嬉しいです^^

応援クリック

喜びの声が続々と届いています!

無料メルマガ独学サポート塾【BEYOND】

関連記事

コメントは利用できません。

独学サポート塾【BEYOND】
夢を叶える勉強法
セミナー・勉強会

菅原 智の著書

rss