独学・自宅浪人・E判定から合格を目指す塾【BEYOND】代表 菅原智のブログ

  • カレンダー
    2017年度の模試日程(河合塾・駿台・代ゼミ・東進)

お知らせ

完成期(国公立大2次試験・難関私大レベル)の受験勉強法

笑顔

こんにちは!菅原です。
ブログを見にきてくれて、ありがとうございます^^

受験シーズンを次の3つの期間に区切って、
各期間で必要な勉強法や意識するべきことをまとめています。

  • 導入期:中間・期末試験レベル
  • 洗練期:センター試験・一般私大レベル
  • 完成期:国公立大2次試験・難関私大レベル

最後に、完成期についてまとめますね。

1.「類推力」を高めよう

類推力とは、問題をみたときに、その問題の難しさや解答までの流れ、
解答にかかる時間を予想できる力
です。

センター試験は、問題量が多いため「スピード」が重要。

一方、国公立大の2次試験や難関私大は、問題の量ではなく難易度が上がります。
つまり、スピードではなく「難しい問題を解く力」が問われるわけですね。

難易度の高い試験では、試験時間内に解ける問題を確実に解いていくことが大切!
ここで必要となるのが「類推力」なのです。

高い類推力があれば、試験がスタートしたときにすべての問題を見渡して、
それぞれの問題で取れそうな点数や、解答にかかる時間を予想できます。

一番効率良く点数が取れそうな順番で、問題を解くことができるわけですね。

問題を読んだ直後に解答を頭のなかでイメージする癖をつけると、類推力が身についていくでしょう。

2.効果的に過去問を使おう

過去問の使い方は、主に次の3つのパターンがあります。

  1. 過去問題の分析や問題を読み流す
  2. 問題を読んで解答をイメージし、正解を確認する
  3. 時間を測って問題を(紙に書いて)解き、正解を確認する

試験本番まで十分に時間があるのなら、1→2→3→2の順番で過去問を使うと効果的です。

1の読み流しは、過去問の難しさや出題傾向を大まかにつかむため。
これは、過去問を手に入れ次第、すぐに取り組みたいですね。

2の目的は、類推力を身につけること。
そして、問題の難しさや出題傾向を、より正確に感じ取るためでもあります。

続いて、3で問題を解くことで、大体の得点を知ることができます。
問題を解くのにかかる時間や、自分の弱点を洗い出すこともできるでしょう。
ここで分かった弱点は、参考書などに戻って、しっかり復習をしてください。

その後、過去問を解き直すときは、
(3では時間がかかってしまうので)2のイメージするだけでも効果は十分!

なお、3で「初めて見る問題」を実際に解きたい場合は、
2をすべての年度でやらない方法も良いですね。
僕は実際、最新年度の問題は2で事前に見ないようにしていました。

大切なのは、過去問は目的に合わせた使い方をすること!
そして、試験本番までの残り時間を意識して、柔軟に勉強法を変えていくこと

この2つを意識して、過去問を効果的に使ってくださいね。

3.試験本番を通して成長しよう

受験シーズンに入ると、思うように勉強時間を確保できなくなります。

ここで意識してほしいのが、試験本番も受験勉強の一部と考えることですね。
つまり、試験本番を受験勉強の一部と考えてほしいのです。

解けなかった問題があれば、その日のうちに復習をしてください。
本番で間違えた問題は、印象に強く残りますから。
そして、次の試験までには、必ず弱点を補強をしましょう。

強いスポーツ選手やチームは、試合で戦いながら成長していきます!
同じように、みなさんも強い受験生になってください^^

4.生活リズムを崩さないようにしよう

一つの試験が終わって気が抜けてしまうと、生活リズムまで崩れてしまう受験生がたくさんいます。

極端な夜型になってしまったり、1日中テレビやケータイの画面を見ながら
ダラダラしてしまったりする人もいるかもしれません。

試験の疲れを取るために休んでいるのかもしれませんが、
このような生活をしていたら、休むどころか身体に負担がかかってしまいます。

身体や心を休めることは大切ですが、生活リズムだけは崩さないように注意してください。

心身ともに元気でいるためには食事と睡眠、運動のバランスを取ることが大切です。

好きなことをするにしても、しっかり食べて十分な睡眠をとり、
身体を動かすように心掛けてください。



ここまで、完成期に意識するべきことをまとめました。

いかがでしたか?
今後の勉強の参考にしてもらえると嬉しいです^^

応援クリック

喜びの声が続々と届いています!

無料メルマガ独学サポート塾【BEYOND】

関連記事

コメントは利用できません。

独学サポート塾【BEYOND】
夢を叶える勉強法
セミナー・勉強会

菅原 智の著書

rss