独学・自宅浪人・E判定から合格を目指す塾【BEYOND】代表 菅原智のブログ

  • カレンダー
    2017年度の模試日程(河合塾・駿台・代ゼミ・東進)

お知らせ

心理学と脳科学からみた効果的な勉強方法

笑顔

こんにちは!菅原です。
ブログを見にきてくれて、ありがとうございます^^

先日の記事:記憶力を決定づける3つの要素で、
【復習は「こまめに」「簡単に」「何度も繰り返す」ことが大切】
とお話ししました。

この勉強方法は記憶に残りやすいだけではなくて、勉強への「やる気」にもつながるんです。

ためしに、夏休みの宿題を思い出してみてください^^

長い連休を前にして、たくさんの宿題が出されたこともあると思います。
その宿題、夏休みの期間のいつ頃にやる気が出ますか?

スタートダッシュをかける人もいれば、ラストスパート型の人もいるでしょう。
でも、「期間の真ん中がやる気が一番出る!」という人は少ないと思います。

心理学の分野では「初頭効果」「終末効果」と呼ぶのですが、
ほとんどのことにおいて、始めと終わりにやる気が出やすいといわれています。

これを、うまく普段の勉強に応用しましょう!

例えば、復習を1時間かけてじっくりとやるよりも、
30分の簡単な復習を2回繰り返すほうが、始めと終わりが増えますね。

また、ひとつの「終わり」をむかえると、達成感を得ることができます。

脳科学的にいうと、脳は達成感を得ると快楽につながるドーパミンという物質を出します
これが、やる気を保つことにつながるんですね。

心理学的にみても、脳科学的にみても、復習はこまめに行うほうが効果が出ます。

ほんの少しやり方を変えるだけで大きな効果が得られるので、
普段の勉強に取り入れてみてくださいね。

応援クリック

喜びの声が続々と届いています!

無料メルマガ独学サポート塾【BEYOND】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

独学サポート塾【BEYOND】
夢を叶える勉強法
セミナー・勉強会

菅原 智の著書

rss