独学・自宅浪人・E判定から合格を目指す塾【BEYOND】代表 菅原智のブログ

  • カレンダー
    2017年度の模試日程(河合塾・駿台・代ゼミ・東進)

お知らせ

受験生が知っておくべき新課程と旧課程の違い(2016年度入試に向けて)

勉強

こんにちは!菅原です。
ブログを見にきてくれて、ありがとうございます^^

2016年度の大学入試では、昨年度の数学と理科に加えて、
全教科が新しい学習指導要領(新課程)対応の入試になります

ここでは、「2016年度入試におけるポイント」をまとめますね。

センター試験



2016年度センター試験の出題教科・科目をまとめます。

2015年度と比べて、英語・国語は出題範囲が若干変わりました。
(数学・理科は、2015年度入試から新課程対応済)

2016年度のセンター試験については、
 『旧課程履修者に対する経過措置は講じない』
とされています。

教科名 科目 試験時間
(配点)
出題範囲等
国語 「国語」 80分
(200点)
「国語総合」の内容を出題範囲とし、近代以降の文章、古典(古文、漢文)を出題する。配点は近代以降の文章(100点)、古文50点、漢文50点とする。
地理
歴史
「世界史A」
「世界史B」
「日本史A」
「日本史B」
「地理A」
「地理B」
1科目選択
60分
(100点)

2科目選択
130分
(200点)
10科目から最大2科目を選択し、解答する。同一名称を含む科目の組合せで2科目を選択することはできない。
各科目ともすべてを出題範囲とする。「倫理,政治・経済」は「倫理」と「政治・経済」を総合した出題範囲とする。
2科目選択する場合は、各科目60分で解答を行うが、両時間の間に答案回収等を行う時間(10分)を加える。
公民 「現代社会」
「倫理」
「政治・経済」
「倫理,政治・経済」
数学① 「数学Ⅰ」
「数学Ⅰ・数学A」
60分
(100点)
「数学A」は「場合の数と確率」「整数の性質」「図形の性質」の3項目のうち2項目以上を学習した者に対応した出題とし、問題を選択解答させる。
数学② 「数学Ⅱ」
「数学Ⅱ・数学B」
「簿記・会計」
「情報関係基礎」
「数学B」は「数列」「ベクトル」「確率分布と統計的な推測」の3項目のうち2項目以上を学習した者に対応した出題とし、問題を選択解答させる。
理科① 「物理基礎」
「化学基礎」
「生物基礎」
「地学基礎」
2科目
60分
(100点)
「物理」「化学」「生物」「地学」は一部に選択問題を配置する。
8科目のうちから下記のいずれかの選択方法により科目を選択し、解答する。
A:理科①から2科目
B:理科②から1科目
C:理科①から2科目及び理科②から1科目
D:理科②から2科目
理科② 「物理」
「化学」
「生物」
「地学」
1科目選択
60分
(100点)
2科目選択
130分
(200点)
外国語 「英語」
「ドイツ語」
「フランス語」
「中国語」
「韓国語」
筆記
80分
(200点)

リスニング
60分
(50点)
5科目から1科目を選択し、解答する。「英語」は「コミュニケーション英語Ⅰ」「コミュニケーション英語Ⅱ」及び「英語表現Ⅰ」を出題範囲とする。
「英語」を選択する者は、原則、筆記とリスニングの双方を解答する。リスニングは30分間で解答を行うが、解答時間前にICプレーヤーの作動確認等の行う時間を加え60分とする。

各科目のポイント

国語

2016年度から新課程対応となる。
ただ、センター試験の出題範囲はほぼ変わらない模様。

個別試験では「国語総合のみ」または「国語総合・現代文B・古典B」を課す大学が多い。
「国語総合(古文・漢文を除く)・現代文B」という現代文のみの大学もみられる。

国語の「旧課程と新課程の違い」については、こちらを参照。

地理歴史・公民

2016年度から新課程対応となる。
ただ、センター試験・個別試験ともに大きな変更はないと思われる。

地理歴史・公民の「旧課程と新課程の違い」については、こちらを参照。

数学

2015年度から新課程対応済。

2015年度のセンター試験では、浪人生が不利にならないように出題上の配慮があったが、
2016年度は経過措置が実施されないので注意。

2015年度の過去問や過去模試を解いて、新課程問題の対策を練っておくこと!

数学の「旧課程と新課程の違い」については、こちらを参照。

理科

2015年度から新課程対応済。
数学と同様、過去問と過去模試を解いて対策を取っておくこと!

理科の「旧課程と新課程の違い」については、こちらを参照。

英語

2016年度から新課程対応となる。
各予備校の模試を受けて、新問題の傾向をつかんでおくと良い。

個別試験では、「コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ」を課す大学が多い。

英語の「旧課程と新課程の違い」については、こちらを参照。

応援クリック

喜びの声が続々と届いています!

無料メルマガ独学サポート塾【BEYOND】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

独学サポート塾【BEYOND】
夢を叶える勉強法
セミナー・勉強会

菅原 智の著書

rss